October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[活動報告]神楽坂親子ボードゲーム会@ボードゲーム&囲碁カフェRE:ALL

あけましておめでとうございます。

1月5日に神楽坂のボードゲーム&囲碁カフェRE:ALL(リオール)をお借りして親子ボードゲーム会を開催しました。

 

<会場の様子>

〇神楽坂ボードゲーム&囲碁Café RE:ALL

https://www.reall.tokyo

 

 

<参加人数>

主催含め、大人7名、子供7名の計14名・6家族の方にご参加いただきました。

なお、今回はカフェ開催ということで、座ってゲームができる年齢以上とさせてもらいました。

 

<遊ばれたゲーム>

アイスブレイクにまずは「パクパク」を5人プレイ。

基本は同時にダイスを振るだけなので、大人から幼児まで鉄板でワイワイ盛り上がりますね。

 

「ごきぶりキッチン」は電動の「ごきぶり」がウネウネ動く。

これはボードゲームと言っていいのかどうか…

 

10歳vs9歳vs4歳のウボンゴ対決。

4歳の男の子も結構できてましたね。

 

定番ブロックス。

性格の悪いプレイヤーが勝ちます(笑)

 

5歳の女の子二人はずっとオセロやったり…

 

謎のごっこ遊びで終始楽しそうでした(笑)

 

この日はリオール所属囲碁インストラクターの指導碁もあり、男の子二人が受講。

一人は既にアマ有段者らしく、その棋力にインストラクターも驚いていました。

囲碁に興味のあるお子さんも増えていくといいですね。

 

ボードゲームのコンポーネントが壁に展開されていて、とにかくオシャレな内装も好評でした。

 

 

 

---

今回は2018年11月にオープンした神楽坂リオールさんのご厚意で会場をお借りすることができました。

休日の朝早くから寒い中お越しいただいた皆様ありがとうございました。

また、リオールさん、大変お世話になりました。

 

今回は初めて午前9時開始にしてみました。

早朝に子供を連れて外出するのはなかなか大変ではありますが、早起きしてボードゲームで遊び、午後はそれぞれ家族の時間を過ごせる休日も悪くないかな、と思っています。

 

機会があればまたカフェ開催も企画していきますので、今年もよろしくお願いします。

(了)

[活動報告]第19回親子ボードゲーム会

12月15日開催の第19回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催の家族を含め、大人9名、子供9名(うち未就学児6名)の計18名の方にご参加いただきました。

 

<遊ばれたゲーム>

〇トポロメモリー

ゲームマーケット2018秋の新作同人ゲーム。

トポロジー(位相幾何学)的に同値のものをカルタ方式で取る、と言うと難しそうだけど、要するにパーツの数と各パーツに含まれる穴の数が一致するカードを取っていく。

わかるようになるとおもしろい、主催のイチ推し。

息子(8)も大のお気に入りです。

 

〇きらめく財宝

HABA新作。

リングを取ったとき落ちてくる宝石の色を予想して、当たったらゲットというそれだけ。

今年のドイツゲーム大賞キッズ部門受賞作なんだけど、対象年齢は低めかな…

娘(5)はお気に入りなんですけどねー

 

〇適当なカンケイ

11枚の写真のうち、2枚1組のペアを5組作って発表。

他の人と一致すれば得点できる連想ゲーム。

「生き物」とか関連付けやすい写真は一致率高いけど、どうしてもこじつけないといけない写真もあって悩ましいけどおもしろい!

小学生ぐらいなら十分できそうです。

 

〇モンツァ・カーレース

ダイスを振って、出た目の色のコースを進んでいくレースゲーム。

シンプルなルールながら、大人もわりと楽しめます。

5歳の男の子が気に入って何回か遊んでいました。

 

 

〇その他

おばけの時計、ファイアドラゴン、クラスク、ラビリンス、レミングなどが遊ばれていました。

 

今回も未就学児率が高かったのでわちゃわちゃしてましたね〜


 

<会計報告>

収入の部

 参加費 3,000円(500円×6組)

 繰越金  152円

 計     3,152円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円(300円×5h)

  飲食代       550円

  傷害保険料 1,206円(67円×18人)

  計     3,256円

 

 差引 -104円(次回で回収)

 

 

次回はおそらく新年2月になると思いますが、スピンオフ企画として1月5日(土)に新宿区神楽坂のボードゲーム&囲碁カフェ「RE:ALL」さんで親子会を開催することになっています。

http://nishiwaseda.hlk.jp/?eid=36

 

とても雰囲気のあるカフェなので、親子でボドゲカフェを体験してみてはいかがでしょう。

 

(了)

[活動報告]第18回親子ボードゲーム会

11月4日開催の第18回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催の家族を含め、大人15名、子供14名(うち未就学児12名)の計28名の方にご参加いただきました。

初参加のご家族は2組でした。

 

<遊ばれたゲーム>

〇リーフ

カードをプレイし、珊瑚礁を得て積み重ね、決まったパターンを達成できたら得点。

狙ったとおりに配置して得点できたら気持ちいい、最近の主催イチオシゲーム。

この日は大人4人でプレイしましたが、ルールも多くないので、小学校低学年ぐらいから十分遊べそうです。

 

〇バナナマッチョ

白いサイコロを振るプレイヤーと、黄色いサイコロを振るプレイヤーに分かれ、それぞれ一定の条件を達成するまでサイコロを振り続ける。

先に条件を達成し、バナナを握って音を鳴らした方が得点できるアクションゲーム。

簡単ルールでワイワイ盛り上がれるいいゲームですね。

 

〇ハピエストタウン

言わずと知れたお手軽拡大再生産ゲーム。

不思議なことに今年度のゲームマーケット大賞には全くかすりませんでしたが、主催としてはこれが大賞だと思っています。

秋のゲームマーケットで新版が出るそうなので期待大。

 

〇その他

ラビリンス、クラスク、窓拭き職人、穴掘りモグラ、キャントストップなどが遊ばれていました。

 

 

 

 

今回は男児率&パパが高かったですね〜

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 5,000円(500円×10組)

 繰越金  37円

 計     5,037円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円(300円×5h)

  飲食代     1,442円

  傷害保険料 1,943円(67円×29人)

  計     4,885円

 

 差引 152円(次回へ繰越し)

(了)

[活動報告]第17回親子ボードゲーム会

10月6日開催の第17回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催の家族を含め、大人8名、子供8名(うち未就学児7名)の計16名の方にご参加いただきました。

初参加のご家族は2組でした。

 

<遊ばれたゲーム>

〇ファイアドラゴン

時おり中央の火山が噴火してルビーが飛び散るので、それをドラゴンが集めていく。

噴火と言っても、缶の上部を持ち上げるだけなんだけど、そのギミックがおもしろくて4歳児・5歳児が食いついてました。

やはりHABA製のゲームは鉄板!

 

〇クアックサルバー

今年のKDJ(ドイツゲーム大賞・エキスパート部門)受賞作。

本格的なドイツゲームながら、運要素が強めで初心者にも出しやすい良作だと思います。

この日も違うメンバーで2回もプレイされていました。

 

〇タイムボム

参加者さんの持ち込み、時空警察とボマー団に分かれるチーム戦の正体隠匿ゲーム。

お手軽で盛り上がれるいいゲームですねー。

うちの会にもあっていいかな…

 

〇その他

ドロップイット、ゴーゴージェラート、宝石の煌きなどが遊ばれていました。

 

…今回はいつもより参加者少なめ。

乳幼児も多かったので、寝ている隙などにじっくり大人ゲームをできる時間もありました。

 

6か月の赤ちゃんに癒されたし、たまにはこういう回があってもいいですね。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 3,600円(600円×6組)

 繰越金  186円

 計   3,786円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円(300円×5h)

  飲食代     1,177円

  傷害保険料 1,072円(67円×16人)

  計     3,749円

 

 差引 37円(次回へ繰越し)

(了)

[活動報告]第16回親子ボードゲーム会

9月1日開催の第16回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人15名、子供12名(うち未就学児10名)の計27名の方にご参加いただきました。

3組のご家族に初参加いただきました。

お手伝いいただいた皆様ありがとうございます。

 

<遊ばれたゲーム>

〇穴掘りモグラ

穴の開いたボードが何層かになっていて、自色のモグラ駒を移動させてそこに入れていく。

全てのモグラが穴に入ったら下の階層へ。だんだん穴が少なくなっていき最後の1穴に到達したプレイヤーが勝利。

いかにも古き良きドイツのキッズゲームという雰囲気で、4歳の女の子も楽しんでいたようです。

 

〇ナンジャモンジャ

お手伝いに来てくれた好青年の持ち込みゲーム。

めくったカードのキャラクターにあだ名をつけて呼ぶゲームなんだけど、さすがは女の子4人、「わたあめ」とか「カステラ」とかかわいい名前がつけられていました。

終始キャッキャウフフしてましたねー。

 

〇イチゴリラ

こちらも参加者持ち込み。

基本は神経衰弱なので、大人は苦手なタイプですね。

4歳の女の子たちが大人に挑戦していました(結果は不明)。

 

〇ムッジーナ

カードに描いてある顔と同じ顔のタイルを早く探し当てるゲーム。

国産のいわゆる同人ゲームですが、コンポーネントはしっかりとしています。

4歳の女の子が一生懸命探していて微笑ましかったです。

 

〇うんちしたのだあれ?

それぞれが6種類の動物カードを持ち、1枚出して動物を宣言。

その動物カードを持っているプレイヤーが早い者勝ちで次のカードを出す…というアクションゲーム。

誰も持っていない種類の動物を宣言してしまうと「うんちをした」ことになってしまうので、記憶要素もあり、大人と子供が対等に勝負できていたようです。

親子会向けのゲーム。

 

〇デクリプト

2チームに分かれてチーム内で暗号(「2.3.1」のような3つの数字)を相手に伝えるゲーム。

数字をそのまま言うのではなく、数字に対応するキーワードを連想させるヒントで伝えていく…んだけど、やるまではいまいちルールがピンとこないと評判。

ただやってみたらその面白さがすぐわかると思うので、これはしばらく推していきたいですね。

 

コードネームと違って、キーワードとヒントが1対1対応なので、小学生ぐらいであればできると思います。

 

〇クラスク選手権

満を持しての第2回大会を開催。

最大4点のハンデをつけて大人から幼児までが真剣勝負。

参加者16名の勝者が前回王者(=主催者)と対戦します。

 

結果は見事主催の2連覇!

…試合自体はかなり盛り上がっていたのですが、結果でしっかりと盛り下げておきました(笑)

 

こうなったら3連覇を目指すのみです。

 

〇その他

お化け屋敷の宝石ハンター、ルクソール、ハンズ、キャプテンリノ巨大版、ゴーゴージェラートなどが遊ばれていました。

 

 

 

前回から、キッズコーナーを会場の中心に据えて運用していますが、一体感があってワイワイ楽しい雰囲気になっているように思います。

また、ゲームができる年齢の子供たちは、この日はゲーム以外の遊びはほとんどせずに大人と混じってプレイしていましたね。

主催の理想とする会にかなり近づいてきている気がしています。

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 5,000円(500円×10組)

 繰越金  172円

 計   5,172円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円(300円×5h)

  飲食代     1,677円(備品代を含む)

  傷害保険料 1,809円(67円×27人)

  計     4,986円

 

 差引 186円(次回へ繰越し)

(了)

<<back|<1234567>|next>>
pagetop