July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[活動報告]GOTTA西早稲田親子ボードゲーム会 Vol.3

1月28日に西早稲田のボードゲームカフェ・GOTTA2(ゴッタニ)さんで開催した、親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<会場の様子>

〇GOTTA2 CAFE

http://cafe.gotta2.jp/

 

会場のお店はこんな感じ。

 

持ち込みゲームは子供向けを中心に少な目。

 

 

<参加人数>

主催含め、大人6名、子供6名の計12名・4家族の方にご参加いただきました。

なお、今回はカフェ開催ということで、座ってゲームができる年齢以上とさせてもらいました。

 

<遊ばれたゲーム>

〇ナンバーナイン

最近Twitter界隈で話題のゲーム。

数字の形のタイルをなるべく隙間のないよう敷き詰め、さらにははみ出さないよう上に重ねて置いていき、上の層にあるほど高得点。

4歳児はカードをめくる係で張り切ってました。

 

〇メモワーーール

いわゆる神経衰弱系。

動物5種類とその背景5種類の組み合わせで計25枚あるカードをめくっていき、前のプレイヤーがめくったものと同じ動物か、背景だったらセーフ、さもなくば脱落というゲーム。

ラウンドが終わっても場札をシャッフルしないから、どんどん情報が蓄積していくのがおもしろい。

こういうのは子供が強いですね。

 

〇ナイアガラ

カヌーを使って河を下り、宝石を取って戻ってくるゲーム。

本物の河のように、透明なタイルが動いてカヌーが流されるギミックが楽しい。

6歳の男の子のだったので強奪なしの簡易ルールでやりましたが、気に入ってくれたようでした。

 

〇エルドラド

言わずとしれたクニツィア先生のドイツゲーム賞ノミネート作。

8歳男児×2、10歳女児とお母さんでプレイし、見事10歳女児の勝利!

「お母さん、これ買って!」とせがんでいました。

 

〇キングオブニューヨーク

怪獣たちがダイス目で殴り合うゲーム。

これは小学生男子には鉄板ですが、10歳女児も盛り上がってました。

 

〇ピッチカー

駒をはじいてやるそのまんまレースゲーム

写真の男の子が大はまりして、この後一人でずっとやってました。

そんなに気に入ったのか…

 

〇その他

チーキーモンキー、ゲシェンク、アイスクールなどが遊ばれていました。

 

---

GOTTA2カフェさんのご厚意で、3回目となる親子会を開かせてもらいました。

この日は満席で、他の卓も大変にぎわっていましたね。

大変お世話になりました!

 

次回はもう今週末の2/3(土)13時。

通常会なのでいつもの会場で開催します。

(了)

[活動報告]第9回西早稲田親子ボードゲーム会

1月14日開催の第9回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人18名、子供18名(うち未就学児11名)の計36名の方にご参加いただきました。

初参加のご家族が6組いらっしゃいました。

 

<会場の様子>

 

 

<遊ばれたゲーム>

〇モンツァ・カーレース

6色のサイコロを振って、出た色のマスを進んでいくカーレースゲーム。

シンプルなルールなので4歳ぐらいからでき、大人もそれなりに楽しめる良ゲーです。

1歳のお子さんをおんぶしながらプレイされてました。

 

〇ブタミントン?

懐かしの昭和ゲーム、ブタミントンのクレヨンしんちゃんバージョン。

これはボードゲームなのか?とは思うものの、6歳男児や4歳女児たちが延々とやってました。

現代っ子にもヒットするんですね。

 

〇そっとおやすみ

カードを1枚隣に渡していき、同じ帽子のカードが一定枚数そろったらそっと手札を閉じ、それを見た他のプレイヤーも閉じて最後だったプレイヤーがペナルティ。

当会の定番ゲームで、今回も8歳女児を中心に何回かやられていたようです。

 

〇ボブジテン

カタカナ語のお題をカタカナを使わずに説明し、お題を当ててもらうゲーム。

小学校低学年には難しいと思いきや、8歳女児と8歳男児が気に入ってずっとやってました。

ただ、子供が知らないお題もあるので、適宜変更していいなど柔軟なルール変更は必要ですね。

今回最大のヒットゲーム!

キッズ版が待たれます。

 

〇キョンシー

キョンシー側プレイヤー1人と、複数の探検者プレイヤーとに分かれ、ついたてを隔ててマグネットを操作するゲーム。

探検者側からはキョンシーが見えるけど、キョンシー側からは探検者の動きは見えない。

探検者はそれぞれのカードに描かれた宝物を獲得できれば勝利、キョンシーは探検者を一定回数捕まえれば勝利。

 

10歳、8歳、6歳男児とお父さんが探検者側、主催がキョンシー側でプレイ。

ややルール間違って有利にしてしまった結果、大人気なく勝ってしまいました。

反省案件…

 

〇ムッジーナ

昨年秋のゲムマ新作。

写真だと見づらいですが、耳、目、鼻などの異なるパーツの組み合わせの顔を探して獲得するスピードを競うゲーム。

似たような顔が多く、間違えてわいわいと楽しまれていました。

イラストもかわいらしく、親子会向けだと実感。

 

〇メモワール

めくったカードと同じキャラクターか、同じ背景のカードをめくり続けられればセーフ、できなければアウトになる神経衰弱ゲーム。

カード配置は変わらないので、だんだんと情報が増えていき、メモリーがパンク!

大人と子供が対等に戦えるのがいいですね。

 

〇マラケシュ

サイコロの出目に従ってアッサムさん駒を動かし、自色の絨毯を敷いていく。

他のプレイヤー色の絨毯を踏んだらその面積に応じてお支払い!

運要素がほとんどなので、初心者との差が出にくいところがいいですね。

 

〇クマ牧場

最近日本語版が出たタイル配置ゲーム。

タイルを獲得してプレイヤーボードに配置していくことで動物園を完成させていく。

ボードを拡張するのが先か、タイルを獲得して各ボードを完成させるのが先かというジレンマが悩ましい。

複数回やられていましたが、面白いと評価が高かったですね。

 

〇その他

おぼえなサイコロ、巨大キャプテンリノ、ブロックス、ベッポ、宝石の煌き、コードネームなどが遊ばれていました。

 

〇おまけ

今回のキッズコーナー。

<会計報告>

収入の部

 参加費 4,400円(400円×11組)

 繰越金   411円

 計   4,811円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円

  飲食料代    2,110円

  計     3,610円

 

差引 1,201円

 

今回は多数の参加者が見込まれたので、参加費を抑え、多めにおやつ等を購入したのですが、差し入れも多くいただいたので、かなりの繰越金が出てしまいました。

紙コップ等の消耗品代として使用させていただければと思います。

(了)

[活動報告]第8回親子ボードゲーム会

11月12日開催の第8回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人10名、子供12名(うち未就学児6名)の計22名の方にご参加いただきました。

初参加のご家族が2組いらっしゃいました。

 

<遊ばれたゲーム>

.Ε椒鵐苅D

「パズル盤ゲームの決定版」と称されるウボンゴの立体版。

様々な形のパーツを組み合わせ、お題にぴったり合うように組み合わせるパズルゲーム。

人妻たちがなかなか完成することができず、ウンウン唸っていました。

 

この後、小2男児と小3女児も真剣にカチャカチャ。

こういうのは子供の方が得意そうですね。

もはや「パズル盤ゲームの最高峰」と言ってよいでしょう。

 

▲蹈鵐

チップを引いて置いていくだけの簡単なお仕事。

盤上の数字と同じ色のチップを置いたら得点、何枚か重ねて置いたらその分まで入るのが気持ちイイ。

小2男児の希望で立ったのですが、得点の高い裏面を使ってもう1回遊ばれたようです。

 

そっとおやすみ

カードを1枚隣に渡していき、同じ帽子のカードが一定枚数そろったらそっと手札を閉じ、それを見た他のプレイヤーも閉じて最後だったプレイヤーがペナルティ。

小2男児、小3女児とお母さんたちでこの日1番の盛り上がりを見せていました。

安定のパーティーゲーム!

 

ぅングドミノ

言わずと知れた今年のドイツゲーム大賞作。

この日も違うメンバーで数回プレイされていました。

小学生には鉄板ですね。

 

ゥ皀鵐張 Εーレース

サイコロを振って出た色のマスを進んでいくカーレース。

シンプルながら大人も結構楽しめる。

3歳男児とご両親でプレイされていました。

 

Εッズカタン

ボードゲームの金字塔「カタン」の子供向けバージョン。

サイコロを振った数だけテーブルが回転し、止まったマスの資源を獲得。3種類集めたら家が建つよ!以上!

カタンとは…

 

3歳男児と4歳女児を交えてやったけど、3歳男児はすぐに飽きてどこかへ行ってしまいました。

うーん、正直これは大人もおもしろくはないかな…

 

Г修梁

エルドラド、ケルト、ラーなどが遊ばれていました。

 

 

今回もまた小さいお子さんが多かったので、彼らはゲームの時間より走り回る時間の方が長かったですね。

親子会ならではの風景といったところでしょうか。

楽しそうで何よりではあるのですが、元気過ぎてそろそろケガしないか心配になってきました…

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 2,900円(500円×4組+300円×3組(途中参加者))

 繰越金   121円

 計   3,021円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円

  飲食料代    1,110円

  計     2,610円

 

差引 411円

 

今回は参加者が少なそうだったので、飲食料代を抑えたのですが、ありがたいことに当日参加の方がおられたため、多めの繰越し金が出てしまいました。

次回以降還元していきたいと思います。

(了)

 

[活動報告]ゴッタ西早稲田親子ボードゲーム会

10月15日の親子ボードゲーム会は、いつもと趣向を変え、西早稲田のボードゲームカフェ・GOTTA2(ゴッタニ)さんをお借りして開催しました。

 

〇GOTTA2 CAFE

http://cafe.gotta2.jp/

 

<会場の様子>

会場のお店はこんな感じ。

木目調で統一されててとても居心地のいい空間になっています。

 

ゲームも200個以上あるので、持ち込みゲームは子供向けを中心に少な目。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人7名、子供6名の計13名・5家族の方にご参加いただきました。

なお、今回はカフェ開催ということで、ある程度ゲームができる年齢以上とさせてもらいました。

 

<遊ばれたゲーム>

〇ハーフパイントヒーローズ

最近の主催の激推し物件を持ち込んでプレイ。

各プレイヤーが手札を出していき、出した札と場札と組み合わせてポーカーの役を作って、最も強い役の人がそのトリックを取るいわゆるトリックテイキング。

各プレイヤーの手札と場札の合計枚数が8枚でラウンドごとに変動する中、取れるトリック数を予想したり、その予想が外れそうな人をさらに予想したりという要素も。

書くと複雑そうに見えるけどやればわかるので、9歳のお子さんも十分プレイできて楽しんでいました。

 

まさかの3人同時ストレートが出たのがハイライト!

 

〇おばけキャッチ

こちらは親子会らしいゲーム。

経験者の10歳と4歳児が無双してたけど、ボードゲームほぼ初めてという小2の女の子はあんまり取れてなかったのでハンデつけるべきだったような…

 

〇ウミガメの島

最近の定番。

ダイスを1個ずつ振っていき、振ったダイス×出た目の合計だけ進めるけど、合計が8以上になったらふりだしに戻る。

ダイスを振るたびに小2×3がギャーギャー大騒ぎしてました。

 

〇アニュビスの仮面

スマホを使った協力型ボードゲーム。

スマホでアプリを起動させてゴーグルにセットし、のぞくとそこは迷宮。

今いる場所から見える情報を他のプレイヤーに伝え、地図を完成させれば成功となる。

いい大人が3人でやって見事成功。難易度が選べるのでもう少し難しいやつもやってみたいところ。

 

〇その他

チーキーモンキー、ピッチカー、グリュックスなどが遊ばれていました。

 

---

今回はいつもの会場ではなく、近所に8月にオープンしたボードゲームカフェ・GOTTA2さんからのオファー受けてコラボイベントを開いてみました。

子供たちのパワーとボードゲームの威力のおかげで終始盛り上がっていましたが、一方で貸し切りではなかったので、一般のお客さんにはご迷惑をおかけしたかもしれないですね。

そのあたりの反省点はありますが、まずまず成功だったと言えるのではないでしょうか。

 

<次回予告>

次の親子会は11月12日(日)、GOTTA2さんではなく、いつもの会場で開催する予定です。

よろしくお願いします。

 

[活動報告]第7回親子ボードゲーム会

9月10日開催の第7回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人10名、子供13名(うち未就学児7名)の計23名の方にご参加いただきました。

お子さんのご参加が多く、特に未就学児の数は過去最多となりました。

 

<遊ばれたゲーム>

.ヤナック

紙に穴を空けてそこから磁石つきの糸をたらし、魚(金属球)を釣り上げるゲーム。

穴を空けて釣るだけで楽しいので、正式なルールは誰も知らないのでは?

小学生の女の子二人がずっとやってました。

 

▲汽ぅ離瓮灰蹈轡▲

サイコロ振って出た目で攻撃するゲーム…だったかな?

こちらは小学生男子がずっとやってました。

 

ラトルスネーク

サイコロを振って出た色のヘビの上に磁石を置いていき、くっついたら負け。

ネオジム磁石かな?かなり磁力が強く、結構離してもすぐくっついて大騒ぎでした。

 

ぅ肇鵐ック

電動で回転する板の上にボールを転がし、自分のゲートを通さないようにブロックするというただぞれだけのゲームながら、この日一番の盛り上がり!

幼児たちが夢中になってやり続けてました。

しかしこれは果たしてボードゲームと呼んでいいものか…

 

ゥ丱Ε競奪?

これは本来は積み木を競り落として(押し付けて)積んでいくんだけど、この日はただの積み木として稼働。

4歳と2歳の男の子がやってました。

 

Ε泪ぅ薀漾治隠隠

子供たちが遊んでいる間、大人同士でゲーム。

場札と入れ替えることで手札を昇順か降順に並べていく数字ゲームでこれは定番になりそう。

 

〇その他

グリュックス、エルドラド、画家ネズミのクレックス、モンツァカーレースなどが遊ばれていました。

 

そして今回は未就学児たちが大暴れ。

 

同じぐらいの年の子供たちだけで楽しく遊んでいる時間が長かったので、小学生同士や大人同士でゲームをやる時間もしっかり取れていたように思います。

 

ボードゲームができる子供はボードゲームを、まだできない子供は子供同士で遊びつつ、

大人は子供と一緒に遊んだり、大人同士でボードゲームしたり、

という理想形にかなり近づいた気がしています。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 3,500円(500円×7組)

 繰越金   -105円

 計   3,395円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円

  飲食料代    1,774円

  計     3,274円

 

差引 121円

 

今回は多めにおやつを買ったのですが、子供たちによってかなりのスピードで消化されていましたw

(了)

 

<<back|<123>|next>>
pagetop