November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[活動報告]第6回親子ボードゲーム会

8月26日開催の第6回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人8名、子供7名(うち未就学児4名)の計15名の方にご参加いただきました。

今回は8月2回目の開催でしたが、夏休みの宿題が終わらなかったのか、やや少なめでした。

 

<遊ばれたゲーム>

.繊璽ーモンキー

米国仕様のぬいぐるみバージョン。

8種類の動物の絵が描かれたチップをサルのぬいぐるみから取り出し、同じものが出るまで引けるけど、出た瞬間バーストしてそれまで確保してたチップを失ってしまうやつ。

最近は定番化しており、この日も4歳児と小学生を交えて楽しくプレイされていました。

 

▲妊献礇咼

参加者の持ち込みゲーム。

絵柄の描かれたカードをめくっていき、同じ絵柄が2回目に出てきたらその絵柄のチップを取る。

間違ったらバーストで0点というシビアさゆえに、慎重さと大胆さが求められる。

子供の方が強そうなやつ。主催は攻め過ぎて0点でした!くやしい!

 

ドラゴンディエゴ

ビー玉3個を狙ったところに転がし、入ったら1個1点。

他のプレイヤーはどこを狙ったか予想し、当たったら1点。

シンプルなので4歳児でもでき、小学校2年生も交えて何回もやられていた模様。

4歳児がかなり的確に狙ったとこに入れてて驚きました。

 

ぅャメルアップ

ダイスを振って進んでいくラクダの順位を予想する、いわば競ラクダゲーム。

6人プレイだと予想のタイミングが難しいけどやっぱり面白い。

伊達にドイツゲーム賞取ってないですね。

 

ゥ皀瀬鵐◆璽

クニツィア先生の競りゲーム。

和訳ルールがないので未プレイだったのですが、参加者の方が説明してくれてプレイされてました。

かなりの長時間ゲームになった模様。やりたかった…

 

 

Δ澆鵑覆任櫃鵑海張撻ぅ鵐

同人のお絵かきゲーム。

親がお題を描いて当ててもらうんだけど、正円と直線しか使うことができない。

画数が少ない方から公開し、当たったらそこでラウンド終了。当ててもらった人と当てた親が得点。

お題が「太平洋」とか「鶴の恩返し」とか出たので難しく、当てられないことが多かったけど盛り上がりました。

これはパーティーに必須ですねやっぱり。

 

〇その他

エルドラド、画家ネズミのクレックス、モンツァカーレースなどが遊ばれていました。

 

また、今回は小学校低学年と未就学児は、後半ほとんどシャボン玉やかくれんぼ、あとは座布団を跳んで移動する謎ゲームで楽しそうに遊んでいました。

 

 

当会はボードゲームがメインではありますが、とにかく子供たちが楽しく過ごしてもらえたのであれば本望です。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 2,000円(500円×4組)

 繰越金   145円

 計   2,145円

 

支出の部

  会場使用料 1,800円

  飲食料代     450円

  計     2,250円

 

差引 -105円

 

今回は参加者が少なめだったので、おやつは控えめにしたのですが、やや赤字になってしまいました…

次回の参加費から補てんさせていただければと思います。

 

<次回予告>

次回は9月10日(日)12時—18時を予定しています。

よろしくお願いします。

pagetop