September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[活動報告]第7回親子ボードゲーム会

9月10日開催の第7回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人10名、子供13名(うち未就学児7名)の計23名の方にご参加いただきました。

お子さんのご参加が多く、特に未就学児の数は過去最多となりました。

 

<遊ばれたゲーム>

.ヤナック

紙に穴を空けてそこから磁石つきの糸をたらし、魚(金属球)を釣り上げるゲーム。

穴を空けて釣るだけで楽しいので、正式なルールは誰も知らないのでは?

小学生の女の子二人がずっとやってました。

 

▲汽ぅ離瓮灰蹈轡▲

サイコロ振って出た目で攻撃するゲーム…だったかな?

こちらは小学生男子がずっとやってました。

 

ラトルスネーク

サイコロを振って出た色のヘビの上に磁石を置いていき、くっついたら負け。

ネオジム磁石かな?かなり磁力が強く、結構離してもすぐくっついて大騒ぎでした。

 

ぅ肇鵐ック

電動で回転する板の上にボールを転がし、自分のゲートを通さないようにブロックするというただぞれだけのゲームながら、この日一番の盛り上がり!

幼児たちが夢中になってやり続けてました。

しかしこれは果たしてボードゲームと呼んでいいものか…

 

ゥ丱Ε競奪?

これは本来は積み木を競り落として(押し付けて)積んでいくんだけど、この日はただの積み木として稼働。

4歳と2歳の男の子がやってました。

 

Ε泪ぅ薀漾治隠隠

子供たちが遊んでいる間、大人同士でゲーム。

場札と入れ替えることで手札を昇順か降順に並べていく数字ゲームでこれは定番になりそう。

 

〇その他

グリュックス、エルドラド、画家ネズミのクレックス、モンツァカーレースなどが遊ばれていました。

 

そして今回は未就学児たちが大暴れ。

 

同じぐらいの年の子供たちだけで楽しく遊んでいる時間が長かったので、小学生同士や大人同士でゲームをやる時間もしっかり取れていたように思います。

 

ボードゲームができる子供はボードゲームを、まだできない子供は子供同士で遊びつつ、

大人は子供と一緒に遊んだり、大人同士でボードゲームしたり、

という理想形にかなり近づいた気がしています。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 3,500円(500円×7組)

 繰越金   -105円

 計   3,395円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円

  飲食料代    1,774円

  計     3,274円

 

差引 121円

 

今回は多めにおやつを買ったのですが、子供たちによってかなりのスピードで消化されていましたw

(了)

 

[活動報告]第6回親子ボードゲーム会

8月26日開催の第6回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人8名、子供7名(うち未就学児4名)の計15名の方にご参加いただきました。

今回は8月2回目の開催でしたが、夏休みの宿題が終わらなかったのか、やや少なめでした。

 

<遊ばれたゲーム>

.繊璽ーモンキー

米国仕様のぬいぐるみバージョン。

8種類の動物の絵が描かれたチップをサルのぬいぐるみから取り出し、同じものが出るまで引けるけど、出た瞬間バーストしてそれまで確保してたチップを失ってしまうやつ。

最近は定番化しており、この日も4歳児と小学生を交えて楽しくプレイされていました。

 

▲妊献礇咼

参加者の持ち込みゲーム。

絵柄の描かれたカードをめくっていき、同じ絵柄が2回目に出てきたらその絵柄のチップを取る。

間違ったらバーストで0点というシビアさゆえに、慎重さと大胆さが求められる。

子供の方が強そうなやつ。主催は攻め過ぎて0点でした!くやしい!

 

ドラゴンディエゴ

ビー玉3個を狙ったところに転がし、入ったら1個1点。

他のプレイヤーはどこを狙ったか予想し、当たったら1点。

シンプルなので4歳児でもでき、小学校2年生も交えて何回もやられていた模様。

4歳児がかなり的確に狙ったとこに入れてて驚きました。

 

ぅャメルアップ

ダイスを振って進んでいくラクダの順位を予想する、いわば競ラクダゲーム。

6人プレイだと予想のタイミングが難しいけどやっぱり面白い。

伊達にドイツゲーム賞取ってないですね。

 

ゥ皀瀬鵐◆璽

クニツィア先生の競りゲーム。

和訳ルールがないので未プレイだったのですが、参加者の方が説明してくれてプレイされてました。

かなりの長時間ゲームになった模様。やりたかった…

 

 

Δ澆鵑覆任櫃鵑海張撻ぅ鵐

同人のお絵かきゲーム。

親がお題を描いて当ててもらうんだけど、正円と直線しか使うことができない。

画数が少ない方から公開し、当たったらそこでラウンド終了。当ててもらった人と当てた親が得点。

お題が「太平洋」とか「鶴の恩返し」とか出たので難しく、当てられないことが多かったけど盛り上がりました。

これはパーティーに必須ですねやっぱり。

 

〇その他

エルドラド、画家ネズミのクレックス、モンツァカーレースなどが遊ばれていました。

 

また、今回は小学校低学年と未就学児は、後半ほとんどシャボン玉やかくれんぼ、あとは座布団を跳んで移動する謎ゲームで楽しそうに遊んでいました。

 

 

当会はボードゲームがメインではありますが、とにかく子供たちが楽しく過ごしてもらえたのであれば本望です。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 2,000円(500円×4組)

 繰越金   145円

 計   2,145円

 

支出の部

  会場使用料 1,800円

  飲食料代     450円

  計     2,250円

 

差引 -105円

 

今回は参加者が少なめだったので、おやつは控えめにしたのですが、やや赤字になってしまいました…

次回の参加費から補てんさせていただければと思います。

 

<次回予告>

次回は9月10日(日)12時—18時を予定しています。

よろしくお願いします。

[活動報告]第5回親子ボードゲーム会

8月5日開催の第5回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人10名、子供8名(うち未就学児5名)の計18名の方にご参加いただきました。

今回は特に5歳、4歳、2歳、1歳と低年齢のお子さんが多く参加されていました。

 

<会場の様子>

 

<遊ばれたゲーム>

.繊璽ーモンキー

お土産に買ってきてもらった米国仕様のぬいぐるみバージョン。

8種類の動物の絵が描かれたチップをサルのぬいぐるみから取り出し、同じものが出るまで引けるけど、出た瞬間バーストしてそれまで確保してたチップを失ってしまう。

運要素高めながら、確率の概念も必要なので大人も子供も楽しめ、なおかつ盛り上がるクニツィア先生の名作。

この日もワイワイ言いながらやってました。

 

▲皀鵐張 Εーレース

安定のHABA。

ダイス6個を振って、出た色のコースを進んでいくシンプルなレースゲーム。

4歳児でも十分可能。大人もそれなりに楽しいです。

 

5霏腑ャプテンリノ

これは説明不要。

今回は協力して積むことにし、最高記録の14段に成功しました。

壁を1枚にしたら天井まで届くか!?

 

ぅΕ潺メの島

これまた定番。当日入荷して即開封。

サイコロを1個ずつ3個まで振ることができ、合計値が7以下であれば出た目の合計×サイコロの数だけカメを進めることができるけど、8以上になるとバースト。

7歳のお子さんがえらく気に入り、何度もプレイしていました。

 

シ蠏,螢皀哀

ボードにいくつか穴があいていて、そこに自分の色のモグラが入るよう移動させていくゲーム。

穴に入ったモグラは1枚下の階層に進出できる。

当会では毎回出してるのですが、今回は5歳のお子さんとプレイ。途中で脱走されたりしつつ何とか最後までやってもらったら、しっかり勝たれてしまいました。

 

Ε好團鵐妊譽

参加者さんのリクエストでプレイ。

基本はただのすごろくで、アリを3匹ゴールさせるのが目的だけど、サイコロの出目によってはクモを動かせてアリをつかまえ、スタート地点に戻すことができる。

主催も混じって10歳のお子さんと大人3人でやったら10歳が見事逆転勝利!

 

Г笋のベッポ

葛飾区のサラダ館白鳥店(http://saladkan.chu.jp/)で親子ボードゲーム会を開いている、のみさんに持ち込んでいただいたゲーム。

鉄の球を転がし、磁石の力でやぎを動かし、動いた先の地形に応じてプレイヤーコマを進めることができる。

…んだけど、やぎをプレイヤーコマに当てて邪魔することもできて、途中からそればかりでなかなか終わらない!

けどそれがまた盛り上がってたーのしー!

 

┘薀漾治隠隠

手札12枚を昇順又は降順に並べたら勝利。

なんだけど、手札を並び替えることはできず、手番で場に出てるカードを1枚引いて任意の場所に入れ、両隣のどちらかのカードを捨てていくことでそれを目指す。

コンプレットに似ていると言われるけどこっちの方が奥が深そうだし、主催も気に入って最近の一押し。

奥様方が大はまりして、4人でうんうん唸りながら何度もプレイしてました。

これは流行の予感…

 

〇その他

今回は小さいお子さんの参加が多く、4歳児と5歳児は駆け回って仲良く遊び、1歳のお子さんはあちこちハイハイしたりつたい歩きをしていました。

大人たちはその様子を横目で見ながら気にしつつも、ゲームをプレイできる時間をある程度確保できていた…と思います。たぶん。

いつも以上に賑やかで、なかなかゲームに集中できる環境ではなかったかもしれませんが、当会は「子供が楽しく、大人もわりと楽しい」がモットーなので、ご容赦いただければ幸いです。

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 3,000円(500円×6組)

 繰越金   285円

 計   3,285円

 

支出の部

  会場使用料 1,500円

  飲食料代    1,640円

  計     3,140円

 

差引 +145円(次回に繰り越し)

 

<次回予告>

次回は8月26日(土)13時—18時を予定しています。

9月は第2土曜日あたりを考えていますので、よろしくお願いします。

 

JUGEMテーマ:ボードゲーム

[活動報告]第4回親子ボードゲーム会

7月8日開催の第4回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人10名、子供11名(うち未就学児3名)の計21名の方にご参加いただきました。

 

<会場の様子>

今回は2歳のお子さんも参加されていたので、キッズスペースのプラレールが大活躍でした。

(持ち込みゲームは撮り忘れ…)

 

 

<遊ばれたゲーム>

)榮のメインディッシュ「象のトランペット」

回る葉っぱの上にある木の棒(を模した紙)を、吹き戻しを使って取るゲーム。

某所で入手して秘蔵していたレアゲーを初めて解放してみましたが、大人も子供も熱心にピロピロして楽しそうでしたね。

 

しかしこのゲーム、吹き戻しの確保というネックがあるのです。

ゲーム会では市販のもので代用してもらうのですが、強度に難があり、うまく取れなかったりすぐ壊れたり…

今後いろいろなメーカーのものを試してみようと思いますので乞うご期待。

 

∋ち込みゲーム「ドラゴンの塔」

神経衰弱の要領でタイルをめくり、出た色の支柱を立てて塔への足場を組んでいく。

塔の上まで足場が組まれたら脱出フェイズに移行し、お姫様(コマ)をみんなで協力して紙の棒で城から押し出し、足場にある穴を通して地上まで誘導するんだけど、その間にゼンマイ式のドラゴンが支えを引っ張る!

そして時間切れになったら足場が崩壊!

主催は2回やりましたがいずれも脱出失敗…むずかしい…

 

「レミング」

最近毎回立っているレースゲーム。主催激推し。

ボードゲーム自体が初めて、という小学校2年生とそのママさんが参加しての5人戦。

どうやら楽しんでいただけたようです!

 

ぁ屮┘襯疋薀鼻

(写真なし)

前回持ち込んでもらったときにはできなかったので、今回は自前で用意して主催もプレイ。

初プレイのパパさんに強カードを買い占められた上、1歩差で敗北!悔しい!

写真撮り忘れ!

 

ゥ瀬ぅ好侫ージ

(写真なし)

ダイス目(ダイスフェイス)を付け替えて強化していく新作ゲーム。

前回もやってた小学校3年生がずいぶんと気に入ったらしく再戦。

ダイスが強くなってくのはやっぱり楽しいですね。

またも写真撮り忘れ!

 

Εングオブニューヨーク

怪獣たちが殴り合うゲーム(雑)。小学生3人と大人1人でプレイ。

小学生にはストライクらしく、かなり盛り上がってた模様ですが、主催は殴り合うので正直あんまり好きじゃなかったりします…

 

Я訖,職人

めくったカードに描かれた四角と同じ大きさの絵がどれかを当てる。

小学校低学年はもちろん、4歳児ぐらいから遊べる良ゲームです。

 

┿ち込みゲーム「サイノメコロシアム」

カード効果をサイコロで発動させて相手を攻撃する国産同人ゲーム。

もはや小学生には無敵と言っていいほどの盛り上がりっぷり!

基本は2人用ですが、親子会には定番になりそう。

 

ラスベガス

サイコロを配置して6つのカジノのマジョリティを競い合うダイスゲーム。

バッティング要素もあり、サイコロを振るたび盛り上がる。

人妻3人+主催でプレイ。

人妻たちが一つのカジノにサイコロを大量にぶちこんで競り合う様を横から眺めていました。

人妻コワイ…

 

⓾センチュリー・スパイスロード

センチュリーシリーズで3部作になるらしい1作品目。

スパイス4種をより価値の高いものにぐるぐる交換していきつつ得点となるカードを買っていく。

大人だけでプレイ。黄色のスパイスをまとめてロンダリングするのが強そうな雰囲気でした。

 

その他主催が把握しきれていませんが、その他以下のようなゲームが遊ばれていたようです。

・カルカソンヌキッズ

 

・やぎのベッポ

 

・アイスクール

 

・おまけ

謎のピロピロゲーム

 

今回もまた、小学生同士が自然とゲームを始める姿が多く見られました。

また、「人生ゲームぐらいしかやったことがない」という初参加さんも楽しんで帰ってもらえたのが収穫でしょうか。

 

子供が「腹が割れるほど」楽しく、大人も結構楽しい、そんな会にしていけたらと思います。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 4,000円(500円×8組)

 繰越金   129円

 計   4,129円

 

 

支出の部

  会場使用料 1,800円

  飲食料代    2,044円

  計     3,844円

 

差引 +285円(次回に繰り越し)

 

<次回予告>

夏休み突入ということで、8月は2回開催。

次回は8月5日(土)12時—18時、次々回は8月26日(土)12時—18時を予定しています。

決まり次第、当ブログなどでご案内しますのでしばらくお待ちください。

 

JUGEMテーマ:ボードゲーム

[活動報告]第3回親子ボードゲーム会

6月11日開催の第3回親子ボードゲーム会の様子をご報告します。

 

<参加人数>

主催・お手伝いさん含め、大人13名、子供14名(うち未就学児4名)の計27名の方にご参加いただきました。

 

<会場の様子>

 

その他お手伝いスタッフや参加者にも多数ゲームを持ち込んでもらいました。

 

<遊ばれたゲーム>

)榮のメインディッシュ、特製「巨大ストライク」!

手持ちダイスを振ってぶつけ、出目がそろったら手持ちに戻し、ダイスが尽きたプレイヤーが負けという「ストライク」の巨大版。

お手伝いに来ていただいたOhashiさんが持ち込んでくださいました。

これなんと全部手作り!

投げ込んだサイコロがネットで跳ね返るので、コロコロと目が変わりやすくなっています。

 

子供たちはそれはもう大はしゃぎで、みんなが次から次へとやりがたり、途切れることがありませんでしたね。

Ohashiさん、大変お世話になりました!

 

∋ち込みゲーム「ごきぶりループ」

基本はすごろくで、ランダムに動く電動のコマ(ゴキブリ)がプレイヤーコマを押し出したら振り出しに戻る…はずなのですが、子どもたちは動きを見ているだけで楽しいらしく、ゲームそっちのけでワイワイキャッキャ。

 

こちらも持ち込み、「呪いのミイラ」

プレイヤーはミイラと探検家に分かれ、お互いの位置が見えない状況の中、ミイラは探検家を捕まえれば勝ち、探検家はお宝を集めて脱出できれば勝ち。

今では大層なプレミアがついてるレアゲーム。まさかこいつを拝めるとは…

 

い泙燭盪臆端垰ち込み「エルドラド」

言わずと知れたクニツィア先生作の今年のドイツゲーム大賞候補作。

デッキを構築しつつレースするらしく、とにかく楽しそう。

うう、欲しい…

 

ゥ瀬ぅ好侫ージ

ダイス目(ダイスフェイス)を付け替えて強化していく新作ゲーム。

強化したダイス目がでるとうれしくて盛り上がる。

色々な戦略を試したくもなるので、これはしばらく回りそうな予感。

 

Ε譽潺鵐

5種類の地形カードをプレイし、各2個のプレイヤーコマを進めてゴールを目指すレースゲーム。最近の主催一押し。

主催は8歳・10歳のお子さんとプレイしたのですが、終盤あと1手番で上がりそうというところを妨害され、まくられて8歳が逆転勝利!

個人的にはこの日のハイライトでした。

 

У霏臠妊ャプテンリノ

まあこれは鉄板。何組か親子でチャレンジして、積まれては崩れてはしゃいでました。

協力して何段まで積めるか、最高記録を競っても面白いかもしれません。

 

─屮魁璽疋諭璽燹

これまた定番。一単語のヒントを出して、場のカードのうちいくつかの単語を当てさせる連想ゲーム。

主催は常に3枚以上当てさせることを狙って自滅しがち…

 

その他、把握しきれてませんが、インサイダーゲーム、魔法のコマ、穴掘りモグラなどなど多数のゲームがプレイされていたようです。

 

今回は、小学生が多かったこともあり、また、家でもボードゲームをされているお子さんが多かったので、子供たちだけでしっかりゲームを遊んでいる風景があちらこちらで見られたように思います。

基本は大人と子供が混じってゲームしつつも、子供だけでやるゲームがあったり、その間大人は大人同士でもしっかりゲームできる時間があったりという会が理想なのですが、それにちょっとだけ近づくことができたような気がしています。

 

 

<会計報告>

収入の部

 参加費 3,800円(500円×7組+300円×1組(途中参加者))

 繰越金   115円

 計   3,915円

 

支出の部

  会場使用料 1,800円

  飲食料代    1,986円

  計     3,786円

 

差引 +129円(次回に繰り越し)

 

<次回予告>

次回は7月8日(土)12時—18時を予定しています。

決まり次第、当ブログなどでご案内しますのでしばらくお待ちください。

 

JUGEMテーマ:ボードゲーム

 

12>|next>>
pagetop